TLS/SSLを再検討する

証明書を再利用して、健全性を回復しましょう。テストや負荷分散に使用する場合など、短期的に使用されている証明書の廃止されたライセンスを再利用できます。ドメインを保護するためにコストを無駄にすることなく、短期的にも展開と再展開が可能です。簡単に言えば、再利用することでより簡単に、より安価にご利用いただけるようになります。

TLS/SSL証明書サブスクリプションプラン

大幅なコスト削減を実現

廃止されたライセンスを自由に再利用することができるため、証明書ライセンスが無駄になりません。さらに、数量と期間に応じた割引を利用することで、さらなるコスト削減が望めます。

廃止されたライセンスの再利用

必要なときにいつでもライセンスを再利用することで、SSL/TLS証明書インベントリを管理します。

都合に合った有効期限を設定する

休日や繁忙期を避けるために、10日から1年の有効期間で証明書の有効期限をカスタマイズできます。

比例配分割引が利用可能

数量に応じた割引でインベントリを購入すると、有効期間を通して同じレートで追加購入が可能です。

動作の仕組み

予算

サブスクリプションの有効期間を通して、期間と数量に応じた割引でコストを最小限に抑えます。同じ割引価格の比例配分ベースでTLS/SSL証明書を購入可能です。

納品

Entrust Certificate Services(ECS)を使用してTLS/SSL証明書インベントリを管理し、証明書ライフサイクル管理を完全に可視化して制御します。

ユースケース

IT環境で多くの変更が発生したり、短期プロジェクトに対してTLS/SSL証明書を発行する場合、または貴社がさまざまなニーズを持つ大規模または成長中の組織である場合は、サブスクリプションプランをご利用ください。

Entrust Certificate Services(ECS)のサブスクリプションプランのリソース

TLS/SSLに関するご不明点はこちらをご覧ください